威徳山金剛寺 密教の真髄

誰でも解る密教講座です。気軽に読んでください。

「金剛頂経を読み解く」現代語訳(中編)

金剛頂一切如来大乗現証大教王経

金剛界大曼陀羅広大儀軌品之二

[金剛業菩薩の顕現]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちの偉大な匠の菩薩(一切如来毘首羯磨菩薩)のエネルギーから出現した堅固不滅の働き(羯磨加持金剛)という名の瞑想に入り、すべての如来たちの働きのエネルギーを自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛業よ」

するとこの心中(フリダヤ)が出現したとみるや、金剛薩埵のエネルギーがあらゆるものに平等に働き掛ける智慧を持つことで、かの尊き持金剛は、すべての如来たちの働きの光明となってすべての如来たちの心中(フリダヤ)から出ました。

そしてそれらすべての如来たちの働きの光明によって、あらゆる世界は光り輝き、すべての如来たちの業の界(普賢菩薩の利他行の世界)のエネルギーがあらゆる世界に等しく行き渡りました。そしてその普賢菩薩の利他行のエネルギーは毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入り、全宇宙が集まったほどの広大な羯磨金剛(堅固不滅の働きのエネルギー)となって、再び毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)から出て、その手の上に収まりました。

するとその羯磨金剛から、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現し、あらゆる世界にすべての如来たちの働きというエネルギーとして姿を現しました。その如来たちは、金剛薩埵のエネルギーがすべての如来たちの窮まりない働きそのものであり、またそれが堅固不滅であることから、集合エネルギーとしてひとつに固まり、一切如毘首羯磨大菩薩となって毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入り、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべてのブッダの嘘偽りのない働きそのものである。なぜならあらゆる世界に働きかけるブッダの目的を真に達成させるのは、この金剛羯磨のエネルギーがあってこそだからである」

そして一切如来毘首羯磨大菩薩は毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)から出て、すべての如来たちの集合エネルギー体である北方・不空成就如来の前方の月の珠(月輪)に座り、毘盧舎那如来に改めて教えを賜らんことを希ったのでした。

そこで毘盧舎那如来は、すべての如来の堅固不滅の嘘偽りのない境地(一切如来不空金剛)という名の瞑想に入り、すべての如来たちのあらゆるものを喜ばせる(供養)活動のエネルギー、それはあらゆる生きとし生けるものの世界を余すところなくブッダの働きで満たし、すべてに安楽と満足を与えるため、さらにすべての如来たちの堅固不滅の働きの智慧の境地に至らせるため、その手の上の羯磨金剛を、一切如来毘首羯磨大菩薩の両手に与えました。

するとすべての如来たちは、

「(汝は)金剛毘首である。(汝は)金剛毘首である」

と言って一切如来毘首羯磨菩薩に金剛毘首(金剛業)菩薩という名の金剛名灌頂を授けました。そこで金剛毘首(金剛業)菩薩は、その羯磨金剛を自らの心中(フリダヤ)に納め、すべての如来たちを働きそのものに変えつつ、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「まさにこれこそは、すべてのブッダを活動そのものに変える最も勝れたものです。その力を持つ羯磨金剛が、今、私の手に与えられたのです!」

 [金剛護菩薩の顕現]

次に世尊・毘盧舎那如来は、手強い敵の行いを慎ませる大いなる菩薩(難敵精進大菩薩)のエネルギーから出現した堅固不滅の働き(羯磨加持金剛)という名の瞑想に入り、すべての如来たちの防護のエネルギーを自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛護よ」

するとその心呪(フリダヤ)が現れたとみるや、かの尊き金剛手は様々な堅固な鎧となってすべての如来たちの心中(フリダヤ)から出て、毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入り、大金剛鎧となって、再び毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)から出て、その手の上に収まりました。するとその金剛鎧から、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現して、すべての如来たちの防護の働きのエネルギーとなり、金剛薩埵のエネルギーが手強い敵の行いを慎ませる力があることで、集合エネルギーとしてひとつに固まり、難敵精進大菩薩となって毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入り、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、私はその心が極めて堅固な鎧である。なぜなら私が体現するエネルギーは、すべての姿なきもの(如来や菩薩)に金剛のように堅固不滅の体を与える最も勝れたものだからである」

そして難敵精進菩薩は毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)から出て、すべての如来たちの集合エネルギー体のひとつである北方・不空成就如来の右側の月の珠(月輪)に座り、毘盧舎那如来に改めて教えを賜らんことを希ったのでしたのでした。

そこで毘盧舎那如来は、すべての如来たちの堅固不滅の境地(一切如来堅固金剛)という名の瞑想に入り、すべての如来たちの悟りの智慧に至る努力(精進波羅蜜)のエネルギーである金剛鎧、それはすなわちあらゆる生きとし生けるものの世界を余すところなく守護し、すべてに安楽と満足を与えるため、さらにすべての如来たちの堅固不滅の身体の獲得という最も勝れた境地に至らせるために、その手の上にある金剛鎧を、無敵精進菩薩の両手に授けました。

するとすべての如来たちは、

「(汝は)金剛友である。(汝は)金剛友である」

と言って無敵精進菩薩に金剛友(金剛語)という金剛名灌頂を授けました。そこで金剛友(護)菩薩摩訶薩は、その金剛鎧によってすべての如来たちに鎧を着せつつ、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「まさにこれこそは、すべての如来たちの慈悲の鎧そのものです。なぜなら悟りに至る堅固な努力はあらゆる敵対者からの大いなる防護であり、それはまた大いなる友とも呼べる存在だからです!」

 [金剛牙菩薩の顕現]

次に世尊・毘盧舎那如来は、催一切魔大菩薩のエネルギーから出現した堅固不滅の働き(羯磨加持金剛)という名の瞑想に入り、すべての如来の悟りに導く作用(方便)のエネルギーを自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛薬叉よ」

この心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、かの尊き持金剛はあらゆる牙の武器となってすべての如来たちの心中(フリダヤ)から出て、毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入り、集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛牙となって再び毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)から出て、その手の上に収まりました。

するとその金剛牙から、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現し、すべての如来たちの強力な悪を撃ち従える(調伏)エネルギーに姿を変え、金剛薩埵のエネルギーがすべての禍いを打ち砕くため、またそれが極めて堅固であるために、集合エネルギーとしてひとつに固まり、催一切魔大菩薩となって毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入り、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私こそは、あらゆる生きとし生けるものを慈しむブッダの大いなる作用である。なぜならブッダは本来、もの静かではあるが、あらゆる生きとし生けるものを救い取るためなら凄まじい怒り姿にも変わるからである」

そして催一切魔菩薩は毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)から出て、すべての如来たちの集合エネルギー体のひとつである北方・不空成就如来の左側の月の珠(月輪)に座り、毘盧舎那如来に改めて教えを賜らんことを希ったのでした。

そこで毘盧舎那如来は、すべての如来たちの堅固不滅の凄まじい怒り(暴悪金剛)という名の瞑想に入り、すべての如来たちの悪しきものを撃ち砕き悟らしめる(調伏)のエネルギーである金剛牙、すなわちそれは、あらゆる生きとし生けるものの世界から余すところなく恐れを除き、すべてに安楽と満足を与えるため、さらにすべての如来たちの良い方向に導く手段(方便)の智慧とその力によって最も勝れた境地に至らせるため、その手の上にある金剛牙という武器を催一切魔菩薩の両手に授けました。

するとすべての如来たちは、

「(汝は)金剛暴悪である。(汝は)金剛暴悪である」

と言って催一切魔菩薩に金剛暴悪(金剛牙)という金剛名灌頂を授けました。

すると金剛暴悪(牙)菩薩摩訶薩は、その金剛牙という武器を自らの口に入れてすべての如来たちを怖がらせつつ、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「まさにこれこそは、すべてのブッダがあらゆる悪しきものを撃ち砕き悟らしめる最上のものです。なぜならこの鋭利な金剛牙という武器は、本当は救いを求めている彼らを救う手段だからです!」


 [金剛拳菩薩の顕現]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちの神聖な印契を結ぶ拳の菩薩(一切如来拳菩薩)のエネルギーから出現した堅固不滅の働き(羯磨加持金剛)という瞑想に入り、すべての如来たちの身体活動、言語活動、精神活動を堅固不滅に縛りつける(身語心金剛縛)エネルギーを自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛結よ」

するとその心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、かの尊き持金剛は、すべての如来たちのあらゆる印契を結ぶ形となってすべての如来たちの心中(フリダヤ)から出て、毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入り、集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛縛の姿になり、再び毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)から出て、その手の上に収まりました。

そしてその金剛縛から、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現して、あらゆる世界にすべての如来たちの印契智のエネルギーとして姿を現し、金剛薩埵のエネルギーがすべての如来たちの拳とよく結ばれていることから、またそれが極めて堅固であるために、集合エネルギーとしてひとつに固まり、一切如来拳大菩薩となって毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入り、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私こそは、心の堅固な人々のエネルギーである、極めて堅固な縛(印)である。なぜならそれは、生きとし生けるもののすべての心の働きを完全な悟りとして実現させるためには、すでに煩悩を克服した(解脱)人々をも縛りつけるからである」

そして一切如来拳大菩薩は毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)から出て、すべての如来たちの集合エネルギー体のひとつである北方・不空成就如来の後方の月の珠(月輪)に座り、改めて毘盧舎那如来に教えを賜らんことを希ったのでした。

そこで毘盧舎那如来は、すべての如来たちの堅固不滅の悟りの境地(三昧耶金剛)という名の瞑想に入り、すべての如来たちの印契を結ぶエネルギーである金剛縛、すなわちそれはあらゆる世界の生きとし生けるものに余すところなく、天部の神と共にすべての如来たちに会うという願いを叶えさせ、すべてに安楽と満足を与えるため、さらにすべての如来たちの印契の最上位の境地に到達させるために、その手の上にある金剛縛を一切如来拳大菩薩の両手に授けました。

するとすべての如来たちは、

「(汝は)金剛拳である。(汝は)金剛拳である」

と言って一切如来拳菩薩に金剛拳菩薩という金剛名灌頂を授けました。そこで金剛拳菩薩摩訶薩は、その金剛縛でもってすべての如来たちを縛りつけつつ、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「これこそは、すべてのブッダの堅固にして偉大な拳による拘束(縛)です。なぜならすべてのブッダが速やかに悟りを実現するために、この何ものも超えることの出来ない形(三昧耶)があるからです!」

以上が北方・不空成就如来の四親近菩薩です。つまりすべての如来たちの施しの広大な働きである金剛業菩薩(不空成就如来の前方)、大いなる悟りへの努力の鎧である金剛護菩薩(不空成就如来の右側)、すべての如来たちの大いなる悟りに導く手段である金剛牙菩薩(不空成就如来の左側)、すべての印契の智慧である金剛拳菩薩(不空成就如来の後方)です。彼らはみな、すべての如来たちの偉大な働きから生まれた人(薩埵)です。

『四波羅蜜菩薩の出生』

[金剛波羅蜜菩薩の顕現]

こうして毘盧舎那如来より、それぞれに四親近菩薩を賜った四方四如来は、そのお返しにそれぞれの波羅蜜菩薩を献上致しました。

まず東方・阿閦如来は、世尊・毘盧舎那如来が有するすべての如来たちの智慧、一切如来智に法王の資格を承認する印を押すために、金剛波羅蜜菩薩のエネルギーから出現した堅固不滅のエネルギーを注ぐ(金剛加持)という名の瞑想に入り、すべての如来たちの堅固不滅の悟り女(金剛三昧耶女)という名の阿閦如来の配偶者である印契女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「薩埵金剛女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来の心中(フリダヤ)から、無数の堅固不滅の光が放出しました。するとその光から、かの尊き持金剛は全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来になって出現し、毘盧舎那如来の一切如来智に法王の資格を承認する印を押すと、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、すべての宇宙を合一したほどの巨大な金剛(杵)になって、毘盧舎那如来の東方の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私は堅固な存在です。すべてのブッダの堅固不滅の存在なのです。たとえ姿が見えなくとも、すべてのブッダの本質が堅固不滅であることは、こうして私が金剛の体を持って顕現したからに他なりません!」

[宝波羅蜜菩薩の顕現]

次に南方・宝生如来は、世尊・毘盧舎那如来が有するすべての如来たちの智慧・一切如来智に法王の資格を承認する印を押すために、宝波羅蜜菩薩のエネルギーから出現した堅固不滅のエネルギーを注ぐ(加持金剛)という名の瞑想に入り、堅固不滅の宝の悟り女(金剛宝三昧耶女)という名の宝生如来の配偶者の印契女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「宝金剛女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から無数の宝の光が放出しました。するとその光から、かの尊き持金剛は全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来となって出現し、毘盧舎那如来の一切如来智に法王の資格を承認する印を押すと、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、すべての宇宙を合一したほどの巨大な金剛宝となって、毘盧舎那如来の南方の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべてのブッダの堅固不滅な宝なのです。なぜなら、すべての印契女の法王の資格を与える灌頂のことわりは堅固だからです!」

[法波羅蜜菩薩の顕現]

次に西方・観自在王如来は、世尊・毘盧舎那如来が有するすべての如来たちの智慧・一切如来智に法王の資格を承認する印を押すために、法波羅蜜菩薩のエネルギーから出現した堅固不滅のエネルギーを注ぐ(加持金剛)という名の瞑想に入り、堅固不滅の法の悟り女(金剛法三昧耶女)という名の観自在王如来の配偶者の印契女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「法金剛女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から無数の蓮華の光が放出しました。するとかの尊き持金剛は全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来となって出現し、毘盧舎那如来の一切如来智に法王の資格を承認する印を押すと、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、すべての宇宙を合一したほどの巨大な金剛蓮華となって、毘盧舎那如来の西方の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべてのブッダの清らかさを表す堅固不滅の法なのです。なぜなら、まさにすべてのブッダの本質が清らかであることによって、貪欲すらも汚れないものとなるからです!」

[業波羅蜜菩薩の顕現]

次に北方・不空成就如来は、世尊・毘盧舎那如来が有するすべての如来たちの智慧・一切如来智に法王の資格を承認する印を押すために、羯磨波羅蜜菩薩のエネルギーから出現した堅固不滅のエネルギーを注ぐ(加持金剛)という名の瞑想に入り、すべての如来たちの羯磨の悟り女(一切如来羯磨三昧耶女)という名の不空成就如来の配偶者の印契女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「羯磨金剛女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から無数の羯磨の光が放出しました。するとかの尊き持金剛は、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来となって出現し、毘盧舎那如来の一切如来智に法王の資格を承認する印を押すと、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、すべての宇宙を合一したほどの巨大な羯磨金剛となって、毘盧舎那如来の北方の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべてのブッダの数知れない堅固不滅の羯磨なのです。なぜなら私はひとつであるにもかかわらず、あらゆる生きとし生けるものの世界に余すところなく働きかけるからです!」

『八供養菩薩の出生』

[内の四供養菩薩の顕現]

こうして四仏から四波羅蜜菩薩を献上された世尊・毘盧舎那如来は、今度は四仏それぞれに供養菩薩を贈りました。

[金剛嬉菩薩]

世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちを喜ばせることによって供養するエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちが愛して止まない大天女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛嬉戯女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から無数の金剛印契女が出現しました。さらにその金剛印契女の口から、かの尊き持金剛が全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来となって現れ、それらは集合エネルギーとしてひとつに固まり大天女、すなわち大変器量が良く、金剛薩埵の連れ合いにぴったりで、様々な色や形の装飾品を身につけ、立ち振る舞いも極めて美しい、すべての如来たちの結合の原理としてその愛欲を煽る遊女である金剛嬉戯女は、金剛薩埵の愛人として出現し、阿閦如来の左側、つまり原図曼陀羅における外円の東南の隅の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、あらゆる自らを生み出すものを供養することにかけては、私ほど優れたものはありません。なぜなら、私がするように愛欲の歓びによって供養することがあってこそ、すべての供養が成り立つからです!」


 [金剛鬘菩薩]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちを宝の頭飾り(宝鬘)で王位を授ける(灌頂)エネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちが愛して止まない大天女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛鬘女よ」

この心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から無数の宝の印契女が出現しました。そしてこれら大印契女から、かの尊き持金剛は全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来となって現れ、集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛鬘大天女となって、宝生如来の左側、つまり原図曼陀羅における外円の南西の隅の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に宝供養女と呼ばれる私は誰よりも優れたものです。なぜなら、私によって供養されたものは、全宇宙の最高の王権を有するからです!」

[金剛歌菩薩]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちを歌によって供養するエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちが愛して止まない大天女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛歌女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、すべての如来たちに一切平等の真理に至らしめる大印契女が出現しました。そしてその大印契女から、かの尊き持金剛は全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来となって現れました。その如来たちは集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛歌大天女となって観自在王如来の左側、つまり原図曼陀羅における外円の西北の隅の月の珠(月輪)に座り、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべての見物者を歌によって供養するものです。なぜなら、それはただの歌声にもかかわらず、すべてを喜ばせる供養になるからです!」

[金剛舞菩薩]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちを舞踊によって供養するエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちが愛して止まない大天女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛舞女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)からすべての如来たちを舞踊によって供養する広大なそのやり方を印す一切如来一切舞供養広大儀軌印契女が出現し、それらより、かの尊き持金剛は全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来となって現れ、集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛舞大天女となって、不空成就如来の左側、つまり原図曼陀羅における外円の北東の隅の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべての供養によって恵みを与えようとするものにとっての広大な供養です。なぜなら、堅固不滅な舞踊のやり方によって、ブッダへの供養が図られるからです!」

このように世尊・毘盧舎那如来より四方四仏それぞれに贈られた内の四供養菩薩、すなわちこの上ない安楽と満足を与える金剛嬉女(東方・阿閦如来への贈り物)、すべての如来たちの豪華な頭飾りである金剛鬘女(南方・宝生如来への贈り物)、すべての如来たちの詩歌である金剛歌女(西方・観自在王如来への贈り物)、すべての如来たちにこの上ない舞踊の供養を施す金剛舞女(北方・不空成就如来への贈り物)は、すべての如来たちの秘密の供養を司る女たちです。

[外の四供養菩薩の顕現]

こうして毘盧舎那如来より、それぞれに供養菩薩を賜った四方四仏は、その返礼に供養菩薩を毘盧舎那如来に献上するのでした。

[金剛香菩薩]

まず東方・阿閦如来は、すべての如来たちを歓ばせる女によって供養しようというエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちの遊女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛焼香女よ」

その心中(フリダヤ)が実現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、かの尊き持金剛は、すべての堅固不滅の世界を満たしている焼香による供養の雲となって現れました。その焼香による供養の雲から全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現して、それらが再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛焼香天女となって、中尊・毘盧舎那如来の金剛摩尼宝頂楼閣(曼陀羅の中心を囲む四角い内枠)の東南の角の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私は大供養女、すべての如来たちを歓ばせる最高の女です。なぜなら、すべての生きとし生けるものを魅惑する仕方によってこそ、速やかに悟りの境地に到達させられるからです!」

[金剛華菩薩]

次に南方・宝生如来は、すべての如来たちを宝物で満たして供養しようというエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちの護りの門の女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛華女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、かの尊き持金剛はすべての堅固不滅の世界を満たしているあらゆる供養の華の種となって世界を美しく彩りました。その供養の華から、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現し、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛華天女となって中尊・毘盧舎那如来の金剛摩尼宝頂楼閣(曼陀羅の中心を囲む四角い内枠)の南西の角の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私は華供養女、すべてを美しく彩る女です。なぜなら私が供養するからこそ、すべての生きとし生けるものへ速やかに如来の宝物を贈ることが出来るからです!」

[金剛燈菩薩]

次に西方・観自在王如来は、すべての如来たちを灯明によって供養しようというエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちの使い女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛燈明女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、かの尊き持金剛はあらゆる悟りの世界を満たしているすべての供養の燈明になって世界を明るく照らしました。その供養の燈明から、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現して、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛燈明天女となって中尊・毘盧舎那如来の金剛摩尼宝頂楼閣(曼陀羅の中心を囲む四角い内枠)の西北の角の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私は燈明の光そのものを本質とする広大にして賛美されるべき供養女です。なぜなら、心に燈明を持つ人は、速やかになにものをも見通すブッダの眼を持つことになるからです!」


 [金剛塗菩薩]

次に北方・不空成就如来は、すべての如来たちを塗香によって供養しようとするエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちの召使い女を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛塗香女よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、かの尊き持金剛はすべての世界を満たしている供養の塗香となって世界を神々しい香で塗り込めました。その供養の塗香から全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現して、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛塗香天女となって中尊・毘盧舎那如来の金剛摩尼宝頂楼閣(曼陀羅の中心を囲む四角い内枠)の北東の角の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、私こそは塗香をその本質とした供養女、思いのままに妙なる香を天から降り注ぐ女です。なぜなら私は、如来の塗香をすべての生きとし生けるものに与えるからです!」

このように四方四仏から毘盧舎那如来に贈られた外の四供養菩薩、すなわちすべての如来たちの智慧を注がれた金剛香女(東方・阿閦如来の贈り物)、偉大な悟りを分け与えられた金剛華女(南方・宝生如来の贈り物)、すべての如来たちの真理の燈明である金剛燈女(西方・観自在王如来の贈り物)、ブッダの功徳の身体を表す、戒・定・慧・解脱・解脱知見という五分法身を体現した金剛塗女(北方・不空成就如来の贈り物)は、すべての如来たちの命令に従う女たちです。

『四摂菩薩の出生』

[金剛鉤菩薩]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちのエネルギーを鉤によって引き寄せようというエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちの印契女の集まりの主を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛鉤よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、かの尊き持金剛はすべての如来たちのすべての印契女の集団となって現れました。そのすべての印契女の集団から全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現し、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛鉤大菩薩となって、毘盧舎那如来の金剛摩尼宝頂楼閣(曼陀羅の中心を囲む四角い内枠)の東正面の金剛門の中央にある月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべてのブッダの堅固なる引き寄せの力です。なぜなら、私によって引き寄せられた者たちはすべて、金剛界大曼陀羅に引き戻されてブッダとなるからです!」

[金剛索菩薩]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちのエネルギーを引き入れようとするエネルギーから出現した金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちの印契を引き入れる門番を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛索よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、かの尊き持金剛は、すべての如来たちを引き入れる印契の集団となって現れました。そのすべての印契の集団から全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現し、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛索大菩薩となって毘盧舎那如来の金剛摩尼宝頂楼閣(曼陀羅の中心を囲む四角い内枠)の南面の中央にある宝門の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべてのブッダの堅固な引き入れの力です。なぜなら、すでに微細な塵芥となってしまった者ですら、私によってすべて金剛界大曼陀羅に引き戻され、ブッダとなるからです!」

[金剛鏁菩薩]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちのエネルギーを鎖で縛りつけようとする大薩埵のエネルギーから出現した薩埵金剛という瞑想に入り、すべての如来たちのエネルギーを結縛するすべての如来たちの使者を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛縛よ」

この心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、かの尊き持金剛はすべての如来たちのエネルギーを縛りつける印契の集団となって現れました。その集団より全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現し、集合エネルギーとしてひとつに固まり、金剛鏁大菩薩となって毘盧舎那如来の心中に入り、再びそこから出て毘盧舎那如来の金剛摩尼宝頂楼閣(曼陀羅の中心を囲む四角い内枠)の西面の中央にある法門の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべてのブッダの堅固不滅の鎖です。なぜならすでに煩悩という鎖を解き放ち、解脱したものであっても、生きとし生けるものを解脱させるためには、さらに鎖が必要だからです!」

[金剛鈴菩薩]

次に世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちを魅惑しようとするエネルギーから出現した薩埵金剛という名の瞑想に入り、すべての如来たちの印契の奴隷を自らの心中(フリダヤ)から心呪(フリダヤ)と共に出しました。

「金剛入よ」

その心呪(フリダヤ)が出現したとみるや、すべての如来たちの心中(フリダヤ)から、かの尊き持金剛はすべての如来たちのすべての印契の集団となって現れました。その印契の集団から全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来が出現し、再び集合エネルギーとしてひとつに固まり金剛入大菩薩となって、毘盧舎那如来の金剛摩尼宝頂楼閣(曼陀羅の中心を囲む四角い内枠)の北面の中央にある羯磨門の月の珠(月輪)に座りました。そして次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実に私はすべてのブッダの堅固不滅なあらゆる生きとし生けるものを魅了し引きつける力です。なぜなら、私はすべての人々の主人であると同時に、奴隷でもあるからです!」
このように世尊・毘盧舎那如来によって顕現した四摂菩薩、すなわちすべての如来たちの引き寄せの力である金剛鉤菩薩、引き入れの力である金剛索菩薩、縛りつける力である金剛鏁菩薩、敬愛の力である金剛鈴菩薩は、すべての如来たちの命令を実行に移すもの達です。

『一切如来の集会』

こうして金剛界大曼陀羅を構成する菩薩達、いわゆる十六大菩薩、四波羅蜜菩薩、八供養菩薩、四摂菩薩が出揃ったところで、世尊・毘盧舎那如来は、すべての如来たちを集めるエネルギーを注入するために、堅固不滅の指打ち(金剛弾指)で合図しました。そしてすべての如来たちに集合を掛ける心呪(フリダヤ)を発音しました。

「金剛集会(しゅうえ)よ」

するとその刹那、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来たちは、その合図に呼応して、数知れない菩薩たちを伴って雲海の如く寄り来たり、金剛摩尼宝頂楼閣におわす毘盧舎那如来の許に集合しました。そして世尊・毘盧舎那如来に近づいて、それぞれに、

オーム サルバタターガタ ヴァンダナーム カローミ(オン サラバタタギャタ ハンナマンナ ノーキャロミ)*オーム 我は一切如来の身足に頂礼したてまつる

という、すでに想いが叶えられているところの(本性成就)の真言を唱えつつ、すべての如来の主であられる毘盧舎那のおみ足に恭しく礼拝して、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、毘盧舎那如来に歓待されるとは、何と素晴らしいことでありましょうか。今こうして、すべての如来たちの輪の中央に毘盧舎那如来は輝いておるのです!」この頌(詩)を唱えた後、すべての如来たちは、四方におられる阿閦如来、宝生如来、観自在王如来、不空成就如来に霊エネルギーを注入されることにより、一斉に毘盧舎那如来の心中(フリダヤ)に入りました。

すると今度は、すべての如来たちの心中から数え切れない菩薩たちが現れ、金剛摩尼宝頂楼閣の周囲を取り囲んで曼陀羅(悟りの宇宙世界)を形成しました。そして一斉に瞑想に入り、次のような頌(詩)によって心の内の喜びを表明したのでした。

「ああ、実にすべてのブッダが集合した光景は、壮観であり永遠不滅です。なぜなら、全宇宙を構成する極微細な塵(素粒子)の数ほどの如来たちが、ここにこうして集まることによって、集合エネルギー体としてひとつになっているからです!」

『灌頂作法』


 ※ここからは、毘盧舎那如来が構築した金剛界大曼陀羅という『悟りの宇宙世界』を我々が追体験する、つまり金剛界大曼陀羅を自らが毘盧舎那如来(金剛薩埵)となって実際に構築する(描く)ことで、その「悟りの宇宙世界」を体現し、自分は全宇宙の根源的な生命エネルギー(毘盧舎那如来)そのものであると認知する(悟る)ための儀軌(カリキュラム:修行の学習過程を記述したもの)となる※

[百八名勧請]

さてここで、かの尊きすべての如来たち(ここからは我々密教修行者を指す)は、改めて集合し、この金剛界大曼陀羅にエネルギーを注入するために、そしてあらゆる生きとし生けるものを余すところなく救い、すべての生きとし生けるものに恵みを与え安楽を得させるため、さらにすべての如来たちのあられるものはすべて平等であるという智慧と、それに基づくどんなことでも自由自在に出来る力と最高の悟りを獲得させるために、すべての如来たちの主であり、自らを生み出す世尊、永遠不滅の金剛を持つものである金剛薩埵(金剛薩埵は悟りの体現者であり、つまりは毘盧舎那如来そのものと解釈する)を、次のような百八の名を唱えることで勧請(賛美の言葉で迎え入れること)しました。

金剛薩埵よ、大薩埵よ、金剛よ、一切如来(の主)よ、普賢よ、金剛本初よ、金剛手よ、御身に身命を捧げます *金剛薩埵(金剛手菩薩)

金剛王よ、妙なる悟りを得たもののうちの最上の者よ、金剛鉤よ、如来(の王)よ、不空王よ、金剛最上者よ、金剛鉤招よ、御身に身命を捧げます *金剛王菩薩(金剛鉤菩薩)

金剛愛よ、大安楽よ、金剛の箭(矢)よ、征服者よ、大愛欲よ、金剛弓よ、御身に身命を捧げます *金剛愛菩薩(金剛箭菩薩)

金剛善哉よ、善き人々のうちの最上の者よ、金剛喜よ、大いなる適悦(エクスタシー)よ、歓喜王よ、金剛最上者よ、金剛喜悦よ、御身に身命を捧げます *金剛喜菩薩

金剛宝よ、善金剛利益よ、金剛虚空よ、大摩尼よ、虚空蔵よ、金剛富よ、金剛蔵よ、御身に身命を捧げます *金剛宝菩薩

金剛威光よ、金剛光焰よ、金剛日よ、勝者の光よ、金剛光明よ、大威光よ、金剛光よ、御身に身命を捧げます *金剛光菩薩

金剛幢よ、善衆生利益よ、金剛幢幡よ、よく喜ばせる者よ、宝幢よ、大金剛よ、金剛竿よ、御身に身命を捧げます *金剛幢菩薩

金剛笑よ、大笑よ、金剛微笑よ、大希有よ、喜楽よ、金剛最上者よ、金剛喜よ、御身に身命を捧げます *金剛笑菩薩

金剛法よ、善衆生利益よ、金剛蓮華よ、よく清らかにする者よ、世自在よ、善金剛眼よ、金剛眼よ、御身に身命を捧げます *金剛法菩薩

金剛利よ、大乗よ、金剛精よ、大いなる器仗(武器)よ、文殊師利よ、金剛甚深よ、金剛覚慧よ、御身に身命を捧げます *金剛利菩薩

金剛因よ、大曼陀羅よ、金剛輪よ、大理趣よ、よく法輪を転ずるものよ、金剛起よ、金剛曼陀よ、御身に身命を捧げます *金剛因菩薩

金剛語よ、よき明智の最上なるものよ、金剛念誦よ、よく悉地を齎すものよ、無言なるものよ、金剛悉地の最上なるものよ、金剛語言よ、御身に身命を捧げます *金剛語菩薩

金剛業よ、よき金剛教令よ、羯磨金剛よ、よく一切処に遍ずるものよ、金剛不空よ、極広大なるものよ、金剛毘首よ、御身に身命を捧げます *金剛業菩薩

金剛護よ、極めて堅忍なるものよ、金剛鎧よ、大堅固よ、無敵なるものよ、勇猛精進の最上者よ、金剛精進よ、御身に身命を捧げます *金剛護菩薩

金剛薬叉よ、大方便よ、金剛牙よ、大畏怖よ、摧大力魔よ、金剛最上者よ、金剛暴悪よ、御身に身命を捧げます *金剛牙菩薩

金剛結よ、善聚集よ、金剛結縛よ、解縛よ、金剛拳最上三昧耶よ、金剛拳よ、御身に身命を捧げます *金剛印菩薩

誰であれ、この百八の名を所持するものであれば、その人は金剛名灌頂(金剛という名を冠せられる灌頂儀式)のうちの最上の灌頂を授けられるでしょう。誰であれ、大持金剛(金剛薩埵)の徳を表現するこの百八の名を不断に詠唱し、讃唱するならば、その人もまた持金剛(金剛薩埵)と等しいものとなるでしょう。私たちによって、あなたは百八の名によって賛嘆されるでしょう。そうしたら、なにとぞあなた(金剛薩埵)はすべての生きとし生けるものを悟りに導く(大乗)大いなる真理への道を開示してください。主(金剛薩埵)よ、私たちはあなたにお願い申し上げます。説きたまえ、最上の儀軌(悟りのマニュアル)を。すべてのブッダの大いなる法輪を。最上の曼陀羅を・・。

[図絵曼陀羅としての金剛界大曼陀羅の説示]

このすべての如来たち(すなわち私たち)の勧請の言葉を聞いた世尊・持金剛(金剛薩埵)は、そこですべての如来たちの悟りのエネルギーから出現した金剛加持という名の瞑想に入り、金剛界という名の大曼陀羅を次のように説き明かしました。

「では、これから私は、最も勝れた曼陀羅を解き明かそう。実際の金剛界という最上の悟りの世界と全く相違のない、すなわち金剛界そのものの曼陀羅を・・。

規則に従って曼陀羅の中央に座り、大薩埵(金剛薩埵)の大印契女である四波羅蜜菩薩(女)と冥合する(要するに性行為に及ぶ)と観想(イメージ)し、そのエネルギーを注入(加持)せよ。大印契女との冥合を終えた後、その瞑想状態から立ち上がって四方を凝視しながら傲慢な様子で歩き回り、『我こそは金剛薩埵なり』と宣言し、次のように曼陀羅を描きなさい。新しく、よく紡がれた布の上に、あなたは出来うる限りに美しく正確な寸法の曼陀羅の線を引くように心がけなさい。

まず、四角形を外と内に升状になるように描いて外郭を作り、その四辺の中央に、それぞれ荘厳に装飾された鳥居門を描き、四隅には櫓を置き、その外郭の間に金剛宝を鏤め、綾布と華鬘によって飾り立てなさい。

その外郭の中に入ると、そこは法輪を模った円形の城市がある。そこは金剛線によって取り囲まれ、豪華に装飾された金剛柱によって東西南北、東南、南西、西北、北東に八分割され、中央並びに東西南北に五つの大きな月輪(球形のエネルギー領域と解する)が美しく配置されている。

その中央の月輪の真ん中に、小さな月輪に囲まれたブッダ(毘盧舎那如来)の姿を描きなさい。そしてその中央の毘盧舎那如来の東西南北の小さな月輪の中に、それぞれ四人の三昧耶最勝女(四波羅蜜菩薩のこと)を描きなさい。

次に堅固な意志をもって歩み寄り、東西南北の四方の大きな月輪の中に、それぞれ小さな月輪に囲まれた四仏(阿閦、宝生、観自在王、不空成就のこと)を描きなさい。

さらに東方の阿閦如来の周囲に、小さな月輪に囲まれた持金剛(金剛薩埵のこと)以下の四仏の一切如来(四親近菩薩のこと)を描き、阿閦如来の曼陀羅を完成させなさい。

同じように南方の宝生如来の周囲に、小さな月輪に囲まれた金剛蔵(金剛宝菩薩のこと)以下の四親近菩薩を描き、宝生如来の曼陀羅を完成させなさい。

同じように西方の無量寿如来(阿弥陀如来、すなわち観自在王如来のこと)の周囲に、小さな月輪に囲まれた金剛眼(金剛法菩薩のこと)以下の四親近菩薩を描き、無量寿如来の曼陀羅を完成させなさい。

同じように北方の不空成就如来の周囲に、小さな月輪に囲まれた金剛羯磨(金剛業菩薩のこと)以下の四親近菩薩を描き、不空成就如来の曼陀羅を完成させなさい。

そしてそれらを取り囲む円形の城市の内側の四隅に、内の四供養菩薩である嬉、鬘、華、舞の金剛天女を描きなさい。曼陀羅の外郭の四隅には、外の四供養菩薩である香、華、燈、塗の供養女を描きなさい。

その外郭の東西南北の門の中央に、それぞれ四摂の菩薩である鉤、索、鏁、鈴の護門者を配置しなさい。

曼陀羅の外郭の間を、諸々の大薩埵(原図金剛界曼陀羅の成身会では賢劫千仏を配するが、降三世会には賢劫十六尊の菩薩が描かれている。また金剛頂経の後に成立した秘密集会タントラでは、五如来の親族縁者の菩薩となっている)を描きなさい」

金剛界大曼荼羅広大儀軌品之二

【完】

お問合せ法務のご相談、観覧等のお問い合わせ・ご質問などございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

メールフォームでのお問い合わせ

仏事に関するご相談、悩み事などを受け付けております。

仏事に関するご相談、悩み事などを受け付けております。

威徳山 金剛寺

地図・アクセス

地図・アクセス

護摩祈祷ネット依頼

金剛寺では、当寺に来られない遠方の方や、ご高齢者、病気療養中の方などにも、広く仏さまのお力で幸せになっていただきたいとの想いから、ネット上で護摩木のご依頼を受け付けております。

護摩祈祷ネット依頼

About Itokusan Kongo-ji

About Itokusan Kongo-ji

山田不動産株式会社

山田不動産株式会社

威徳山金剛寺 密教の真髄

威徳山金剛寺 密教の真髄

Youtubeチャンネル

金剛寺 Youtubeチャンネル

Facebook

Facebook